投資心理投資信託

投機家の最大の敵は自分の中にいる。 人間の本性として、人は希望と恐れとは無縁ではいられない
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 |
マーケットの魔術師


原題 Market Wizards: Interviews With Top Traders
ジャック・D. シュワッガー (著), 横山 直樹 (翻訳)




1980年代に先物、通貨、株式等で活躍したトップトレーダー達のインタビュー集である。
ウィリアム・オニール 、 ジム・ロジャース、リチャード・デニス (タートルズ)に留まらず、
マーティン バジー シュワルツ等、トップトレーダーに関する共通点、独自の視点を知ることができる。

1989年初版が米国で刊行され、1992年に日本で翻訳刊行された。
その後、日本の株式相場低迷により一時は廃刊になったが、
投資家の強い要望により2001年復刻された。

マーケットの魔術師三部作の第一部であり、
(マーケットの魔術師、新マーケットの魔術師、マーケットの魔術師【株式編】)
最も評価が高い。


マーケットの魔術師三部作にでてくるトレーダー

インタビュー集ではあるが、投資心理、行動経済学の知識があるかないかで読み手の印象は随分変わってくると思う。
個人的には株式トレーダーより、先物・為替トレーダーの言葉に重みを感じた。

元々、この本を読んだのは「ぽんぽこのクールトレーディング」で推薦されていたのが理由。

My Trading Life (32) なんか読むと、ぽんぽこ氏も同じ場所を共感したんだな~とうれしく思う。 


マイケル・マーカス

Q君ほど大成功したトレーダーはあまりいないけど、
他の人とどこが違うと思う。


僕は何事にも偏見を持たないようにしている。
だから心情的には信じ難いような情報でもそれが正しいことでありそうなら、積極的に受け入れるようにしている。


ブルース・コフナー

Q あなたは世界で最も成功しているトレーダーですが、そのような成功を収めている人はあまりいません。
どこが普通のトレーダーと違うのだと思いますか?


2つの大切な要素が必要だと思う。
1つは、今日とは全く異なった世界のことについて想像できる能力とそれが現実的にあり得ると考えられる能力だ。
例えば、大豆の値段が倍になるとか、ドルが100円まで下落するとかいったことだよ。
そして、プレッシャーの中にあっても常に理性を保ち平静を装える能力、これが二つ目だよ。


エド・スィコータ

Q負けるトレーダーが勝てるトレーダーに変身するには、何をすればいいでしょうか。
負けるトレーダーが勝てるトレーダーに変身できることはほとんどない。
負けるトレーダーは彼自身を変えたいと思ってはいない。
それは勝てるトレーダーがやることなんだ。


Q 全てのトレーダーは勝ちたいんじゃないのですか

勝っても負けても、皆自分の欲しいものを相場から手に入れる。
負けるのが好きなように見える人もいる、
だから、彼らは負けることによって手に入れるんだ。
上げ相場がほとんど始まったばかりのところでいつも買いに入って、
二、三ヶ月の間にわずか一万ドルを二十五万ドルぐらいにしてしまう
一人のトレーダーを知っている。
その後、決まって彼の性格は変わってしまって、稼いだお金を再び全部吹き飛ばしてしまう。
そしてまるで時計の針が回るように、彼はそれを何度も繰り返すんだ。
僕は一度彼とトレードしたことがあるけど、僕は彼の性格が変わった時に手じまったよ。
彼がいつももように稼いだお金を吐き出してしまう一方で、僕は自分のお金を二倍にしたんだ。僕は彼に、僕が何をしたかを話して、彼にマネジメントフィーさえ払った。
だけど、彼は彼自身をどうにもできなかった。
僕は彼が何か違ったやり方でトレードできるとは思えない。
彼もそうはしたくないようだ。
彼は大いに興奮した後、犠牲者となり、彼の友人から同情を買い、皆の注意を引く。
そして、もしその回りの人達が彼と同じようなフトコロ具合であったなら、彼はなおさら居心地がよくなってしまう。
ある意味では彼は欲しい物を本当に相場から手に入れていると思う。

(省略)

最も華麗で興味深いトレーダーの何人かは、稼ぐためだけにトレードしているわけではないと思う。
彼らは多分トレードを刺激を得るための手段としているんだ。
利益を増やす最良の方法の一つは、目標を立て、それを実現させていくこと、つまり意識と潜在意識を金儲けと調和させることだと思う。
トレードにおける選考を調べ、目標と調和させるために、僕は多くのトレーダーと一緒に仕事をしてきた。僕は催眠、呼吸、ペース調整、視覚化、ゲシュタルト、マッサージなどを組み合わせて使っている。
その結果、トレーダーはたいてい、(1)もっと成功を収めるようになるか、
(2)実は最初はトレーダーになりたいわけではなかったことに気づくんだ。
2009/05/17(日) | 投資関連本 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。